和装・お着物についてご紹介しています
  1. 和装・お着物

和装・お着物

和装・お着物

伝統的な衣装に身を包むことができる絶好の機会

和装はドレスに比べて支度の時間や着付け料金がかかるということもあり、どちらか一方ならドレスを選ぶという人が多いようです。しかし札幌でフォトウェディングをした人の中には「ウェディングドレスも素敵だけど、やっぱり和装にも憧れる」という声が多く、和装ウェディングの人気は急増しています。特に若いカップルが和装に注目する理由は「着物を着る機会が滅多にないから」ということだけではありません。しっとりと落ち着いたイメージの強い和装ウェディングですが、アレンジ次第で様々なスタイルを演出できるのです。

例えば白無垢一つとっても、素材や柄によってガラッと雰囲気が変わります。正絹なら柔らかな印象、化繊は真っ白でキリっとした感じになります。そして菊や鶴などの伝統的な柄からパステル色の花柄の刺繍をあしらったキュートなものまで、デザインの種類は豊富です。また打掛は、クラシカルなものだけでなく現代風にアレンジされたものが多く用意されていて、ドレスに負けない豪華さが魅力です。

和装

日本髪のヘアに角隠しや綿帽子で純和風にするのも素敵ですし、洋風のヘアアレンジと組み合わせれば、ドレス以上に個性を引き出すことも可能です。じっくり時間をかけて撮影できるフォトウェディングだからこそ、こだわりの和装に挑戦してみるというのはいかがでしょうか?

「白無垢」と「色打掛」どっちを選ぶ?

フォトウェディングで和装を選択した場合、次に悩むのが「白無垢にするか色打掛にするか」です。どちらも捨てがたいけど、どちらかを選ばなくてはいけない、そんなときは以下にまとめたそれぞれの特徴を参考にしてみてください。

白無垢の特徴と選び方

日本の伝統的な婚礼衣装である白無垢の魅力は、なんと言ってもその格式の高さや厳かさです。白無垢にほどこされた刺繍や柄は、写真に収めると目立たなくなってしまうのが難点ではありますが、最近は写真に映えるパステル調の柄が入ったものもあります。そして小物やヘアアクセサリーの差し色で自分流のおしゃれを楽しめるのも、白無垢ならではです。柄やデザインに大きな差はないので、羽織ったときの直感で選ぶといいでしょう。白無垢

色打掛の特徴と選び方

白無垢の楚々としたイメージとは一転して、ゴージャスな美しさが魅力なのが色打掛です。日本の伝統的な色として赤が色打掛の定番だったようですが、最近は紫やピンク、黒、ゴールドなど多様な色が使われています。ここでまた、どの色や柄にするかを迷うところですが、かわいらしくしたいならピンク系、大人っぽくするなら黒系など、なりたいイメージを優先するようにしましょう。そして自分に似合う色かどうかも重要です。和服は洋服とは違うので、普段気に入って着ている洋服の色と同じ色目が似合うとは限りません実際に羽織ってみて、顔うつりがいいものが似合う色です。また柄に関しては、背が高く大柄な人は大きめ、背が低く小柄な人は小さめのものが似合います。色打掛

基本からモダンまで!和装フォトウェディングに似合う髪型

フォトウェディングを和装で行うなら、髪型もそれに合うようアレンジしなければなりませんよね。和装の婚礼と言えば、かつては文金高島田に綿帽子や角隠し、というのが日本古来の伝統でしたが、今は着物もアレンジして着る時代。特にフォトウェディングでは髪型に遊び心を加えて、よりオリジナリティを出すこともできます。では、伝統ある和装の髪型から今風のアレンジまで、和装するならぜひ試したいヘアアレンジを見てみましょう。

①文金高島田

日本では昔から花嫁の伝統的な髪型とされている「文金高島田」。後れ毛や乱れ毛がなく、流れるような丸みが特徴的なスタイルです。結婚式やフォトウェディングなどでは、地毛ではなくカツラを利用する人がほとんどです。

①文金高島田 出典:結婚STYLE Magazine

②ふんわりアップスタイル

ふわっとまとめて髪飾りをつけるスタイルを和装に合わせるのもステキですね。髪飾りをかんざしや大きめの花飾りにするとグッと伝統的な和の雰囲気に近づきますし、つける場所によっても雰囲気が大きく変わります。

②ふんわりアップスタイル 出典:Dressy by プラコレ

③ポンパドール風アップスタイル

髪の色ももはや黒でなくても何色でもアレンジ可能です。こちらはポンパドール風のアップスタイルですが、白の髪飾りでまとめることで白無垢との統一感が出ています。

③ポンパドール風アップスタイル 出典:ビューティーナビ

④ショートヘア+花飾り

いくら和装にいろんなヘアアレンジを合わせられる時代になったと言っても、ショートヘアは・・・と思っている人もいるかもしれませんが、こんなステキなアレンジもできます。淡い色使いの色とりどりの花飾りがとてもキュートですね。

④ショートヘア+花飾り 出典:ブライダルエステナビ

昔のようにピッタリと後れ毛ナシのスタイルから、ふわっとまとめたアップやショートヘアまで、今はいろんなスタイルで和装が楽しめます。ヘッドドレスや洋風綿帽子を合わせたり、色打掛にカクテルハットを合わせてレトロモダンなイメージを作ったりするのもオシャレですね。

自分ではなかなか思いつかないアレンジでも、フォトウェディングのスタジオでは、プロのヘアメイクさんが和装・洋装いろんな衣装に合わせて、オリジナリティ溢れるスタイルを作ってくれます。どんなスタイルにしてみたいか、イメージを伝えてみてください。

色打掛の魅力と着こなし方

あるアンケート調査によると、結婚式の前撮りで選んだ和装は色打掛が白無垢を上回っているそうです。色鮮やかで写真映えすることが、人気の理由のよう。普段洋服で過ごしている私たちにとって、色打掛の豪華さは特別感をグッと盛り上げてくれます。フォトウェディングで色打掛を選んだなら、それを着こなすポイントを押さえておきましょう。

まずはメイク。色打掛の豪華さに合わせたしっかりメイクが基本です。ナチュラルメイクだと顔色が着物の色彩に負けてしまい、疲れた印象になってしまいます。また和装だからと言って「古典的で上品でなければ」と考えすぎず、ほどよくトレンドを取り入れると洗練された雰囲気になります。

次に個性の出し方です。色打掛に用いられる柄はだいたい決まっていて、鶴、菊、牡丹、梅、桜、花車などが主流です。そして物語文(ものがたりもん)といって、物語の一幕を表した絵巻模様が描かれているものもあります。しかし色打掛の柄は、同じ菊でもデザインによって可憐にもゴージャスにも見えます。自分らしさを表現できる柄を選ぶようにしましょう。

また和装では、筥迫(はこせこ)と呼ばれる小物入れや懐剣(かいけん=短刀)、帯の上部を飾る帯揚げを小物として身に付けます。これら胸元を飾る小物を好きな色にすることで、個性を出すことができます。また、縁起物として末広(すえひろ)と呼ばれる扇子を手に持つのが普通ですが、末広に代えて洋装のようにブーケを持つ人もいます。 筥迫

そして色打掛を着こなすために一番大事なのは、姿勢です。背筋を伸ばしてあごを引いた凛とした姿勢が、色打掛姿の美しさを引き立てるコツです。

札幌で和装フォトウェディングをしたい人におすすめのロケーション

札幌にはフォトウェディングに人気の場所がたくさんありますが、ここではその中でも和装ウェディングに合うおすすめのロケーションをご紹介したいと思います。

百合が原公園(札幌市北区・8:45〜17:15)

園内にそびえ立つサイロ展望台が特徴的な百合が原公園では、約25.4haという広大な敷地の中で、季節によって表情を変える約6,400種の花々に囲まれて撮影することができます。園内には日本庭園や中国庭園もあり、特に10月半ば頃の紅葉の時期には和装に合うステキなショットが撮れそうです。

北海道開拓の村(札幌市厚別区・9:00〜16:30 ※5〜9月は17:00まで)

明治から昭和初期の開拓時代に建築された北海道各地の建造物を、54.2haという広大な敷地に再現した野外博物館「北海道開拓の村」。市街地群・山村群・農村群・漁村群という4つのエリアに52棟の歴史建造物、染め物屋や学校などもあり、和装にもピッタリです。札幌でのフォトウェディングならではのショットがたくさん撮れます。

旧永山武四郎亭(札幌市中央区・9:00〜22:00)

明治10年代前半に立てられた、北海道庁長官永山武四郎の私邸。純和風書院座敷に続いて洋風の応接室がある和洋折衷洋式の建物は、和装でのフォトウェディングに独特の雰囲気を与えてくれます。建物の規模はさほど大きくありませんが、屋内外で雰囲気たっぷりの写真が撮れます。

清華亭(札幌市北区・9:00〜16:00)

明治13年に、明治天皇が北海道を訪れた際の休憩所として建築され、現在も移築されることなく建築時と同じ場所でその姿を保っている清華亭。旧永山武四郎亭と同じく洋風と和風の建築様式を調和させたデザインで、開拓時代の北海道ならではの雰囲気のなか、和装での撮影でタイムスリップしたような気分が味わえます。

伏見稲荷神社(札幌市中央区・終日開放)

京都の伏見稲荷大社を由来とする札幌の伏見稲荷神社、木々の間に27基の鳥居が連なる参道は絶好の撮影スポットです。春から夏にかけて緑が美しい季節も、真冬の雪景色にも映え、荘厳な気持ちで過ごすことができます。撮影は屋外のみなので天候をしっかりチェックしてから計画しましょう。

天神山緑地(札幌市豊平区・終日開放)

標高85mの天神山に広がる、開拓初期の自然を残す天神山緑地は、敷地内に日本庭園や梅林、桜林があって雰囲気もバッチリ。相馬神社での撮影も和装にはピッタリですね。

ローズガーデンクライスト教会(札幌市中央区・11:00〜19:00 ※土日祝は10:00〜)

教会でフォトウェディングをするなら洋装!と思っている方も多いかもしれませんが、実は洋風の建造物の中に和装で佇むのも、レトロモダンな雰囲気でとてもステキなのです。ステンドグラスから差し込む光に白無垢が映える、そんな姿を残せるのも結婚式ではなくフォトウェディングならでは!ぜひ試してみてください。

色打掛
札幌フォトウェディングスタジオNO.1【写真工房ぱれっと 札幌中央店】

写真工房ぱれっと 札幌中央店 コストパフォーマンスが良く、20代を中心としたカップルに人気なパレット。ヘアメイクの技術も高く、クオリティの高いドレスが魅力です。経験豊富なカメラマンのエスコートで物語のワンシーンのような写真が撮れると評判です。写真は全カットCDに収められ、撮影当日に持ち帰れることができます。

ページのトップへ