男性衣装(タキシード・袴など)についてご紹介しています
  1. 男性衣装(タキシード・袴など)

男性衣装(タキシード・袴など)

男性衣装

新郎衣装を決めるときのポイント

新婦の衣装に合わせる

第一のポイントは、新婦の衣装に色やデザインの雰囲気を合わせることです。おしゃれな男性なら衣装の色やスタイルにこだわりがあるかもしれませんが、主役はあくまで花嫁です。まずは新婦の衣装を決めてから、それにマッチするような衣装を選ぶようにしましょう。スタジオのセットや札幌のロケーション風景と、新郎新婦の衣装とが調和することで、二人らしい素敵な結婚写真に仕上がります。

体形にぴったり合ったサイズを選ぶ

第二のポイントは、新郎の体形にぴったり合ったサイズのものを選ぶことです。せっかくおしゃれで質のいい衣裳を着たとしても、サイズが合っておらず、いかにも借り物といった印象を与える服では台無しです。丈が合っていることはもちろんのこと、肩幅のサイズが合っているかを必ずチェックしましょう。また肩幅に合わせた結果、胸やウエスト周りが緩すぎたりきつすぎたりしないよう、サイズチェックは細部まで行うことが肝心です。

タキシードの種類いろいろ

洋装ウェディングで新郎が着用するフォーマルウェアには、タキシード、モーニングコート、フロックコート、燕尾服があります。今どきの洋装ウェディングでは、新婦のドレスに合わせやすいという理由もあり、タキシードを着用する新郎がほとんどだそうです。ここでは人気のタキシードに加えてモーニングコート、フロックコートの特徴と着こなし方について説明します。

タキシード

もともとは夜の準礼装として用いられていましたが、最近では昼夜を問わず着用されています。衿はヘチマに似たショールカラーでツヤのある拝絹が使用され、ボタンはくるみボタン、パンツには側章が入っているなど、厳密には細かい決まりがある礼装です。黒または濃紺が基本ですが、白やグレー、光沢のある材質のものなど様々なタイプがあるようです。タイやチーフといった小物や、ベストやシャツの色を新婦の衣装と合わせることで、二人らしさを演出できます。タキシード

モーニングコート

ジャケットの前身頃の裾が短く、長い後ろ身頃に向かって斜めにカットされたデザインが特徴です。ジャケットの前裾が短いため、足が長く見える効果があります。色は黒かグレーが基本で、ベストと、黒・グレーのストライプか黒・白の小格子のパンツを着用するのが習わしとなっているそうです。しかし風習にこだわらず、白いパンツや新婦のドレスの色に合わせたベストを組み合わせてもおしゃれですね。モーニングコート

フロックコート

フロックコート ジャケットの丈が前から後ろまで長めにできており、大きな身頃が特徴です。衿と身頃が同じ素材で、どっしりと落ち着いたイメージの衣装です。もともと英国貴族の正装で、大聖堂など厳かな雰囲気にマッチします。色は黒や白、グレーが多いようです。華やかさをプラスしたい場合は、ネクタイやシャツの色でアレンジするといいでしょう。フロックコート

黒五つ紋付き羽織袴と色紋付き袴の違いって?

和装ウェディングの場合、新郎の衣装は紋付き袴のみです。この点は洋装と違い、選択の余地がないため迷う心配がありません。そして実は紋付き袴とは略称で、男性和装の礼装を「紋付き羽織袴」と言いい、正礼装の黒五つ紋付き羽織袴(くろいつつもんつきはおりはかま)と略礼装の「色紋付き袴」があります。

黒五つ紋付き羽織袴

黒五つ紋付き羽織袴とは黒羽二重の背中心、両胸、両外袖の5ヶ所に家紋を染め抜いた羽織と長着に、仙台平の袴をつけた日本の伝統的な正装で、小物はすべて白で統一します。通常は新婦の衣装と格を揃えることになるので、新婦が白無垢や色打掛、黒引き振袖、大振袖を着用する場合は、新郎の衣装は黒五つ紋付き羽織袴になります。黒五つ紋付き羽織袴

色紋付き袴

それに対して色紋付き袴とは、黒以外の羽二重、紋綸子、縮緬素材の羽織と長着に袴を着用する、略礼装です。家紋は背中心と両外袖の三つ紋か背中心の一つ紋です。色は白やグレー、緑、紫、紺など豊富で、グラデーションが入ったものなどもあります。略礼装なので、お色直しや二次会などで着用するのが基本です。しかし新婦の衣装の色に合わせ、あえて色紋付き袴を選ぶ男性も増えています。フォトウェディングの場合は形式や伝統にこだわらず、二人らしさを優先して決めてもいいのではないでしょうか。色紋付き袴

札幌のフォトウェディングスタジオおすすめ5選!今人気のスタジオはどこ?
札幌フォトウェディングスタジオNO.1【写真工房ぱれっと 札幌中央店】

写真工房ぱれっと 札幌中央店 コストパフォーマンスが良く、20代を中心としたカップルに人気なパレット。ヘアメイクの技術も高く、クオリティの高いドレスが魅力です。経験豊富なカメラマンのエスコートで物語のワンシーンのような写真が撮れると評判です。写真は全カットCDに収められ、撮影当日に持ち帰れることができます。

ページのトップへ