札幌旅行でフォトウェディングするなら!観光も撮影も楽しめる旅計画

札幌旅行で巡るフォトウェディングの計画の立て方についてご紹介いたします!

フォトウェディング札幌おすすめ15選
  1. フォトウェディング札幌Home
  2. 札幌のナシ婚カップルにおすすめプチブライダル
  3. 札幌旅行フォトウェディング

札幌旅行でフォトウェディングするなら!観光も撮影も楽しめる旅計画を立てよう

もくじ

  1. 札幌旅行の魅力とは?
  2. 札幌旅行とフォトウェディングを兼ねるメリット
  3. 札幌フォトウェディング旅行を計画しよう!
  4. 大通公園、札幌市時計台を巡るフォトウェディング旅行
  5. 小樽運河周辺、白い恋人パークを巡るフォトウェディング旅行
  6. ファーム富田、ふらのワイン工場を巡るフォトウェディング旅行

札幌旅行の魅力とは?

札幌旅行の魅力とは?

北海道の中でも「道央」と呼ばれるエリアの中心部に位置する札幌は、北海道の中でも比較的都会と呼べる街になります。魅力的な観光スポットも多く、美味しいものもたくさん味わえることから、国内の旅行先としても大変人気のエリアです。まずはそんな札幌旅行の魅力についてご紹介いたします。

札幌旅行の魅力①全国主要都市からアクセスしやすい

全国主要都市からアクセスしやすい

札幌は東京羽田空港から約1時間半、大阪関西空港から約2時間強と、北海道内で一番交通アクセスが充実しているので訪れやすく、行き方も飛行機、新幹線、フェリーの中から都合のよい手段を選択することができます。空路はいちばん早い移動手段になりますが、移動時間も旅の楽しみという人には新幹線や車での旅行もおすすめです。

札幌旅行の魅力②便利な都心部から少し移動すれば大自然

便利な都心部から少し移動すれば大自然

比較的都会とご紹介した札幌周辺エリアですが、少し車を走らせれば、広い大地ならではの美しい自然がいっぱいに広がっています。大きな湖やどこまでも続く草原がたくさんあり、また、北海道でしか見られないキタキツネやエゾシカ、エゾリスなど珍しい動物を見られるスポットもあるため、ぜひレンタカーを借りてドライブがてら、いろいろなスポットに立ち寄ってみてくださいね。

札幌旅行とフォトウェディングを兼ねるメリット

札幌旅行とフォトウェディングを兼ねるメリット

札幌旅行とフォトウェディングを一緒にすることで得られるメリットと言えば、普段はなかなか行くことができない大自然の中や景色のいい場所、素敵なチャペル、歴史ある神社や日本庭園といった、日常ではなかなか味わえない空間でウェディングドレスが着られるという点が挙げられます。

都会の喧騒を離れて、商業施設などの一角にあるフォトスタジオのストロボライトではなく、太陽の自然な光をいっぱいに浴びて開放的な気持ちになって楽しめるフォトウェディングになりますから、ふたりの表情やポーズも自然と伸び伸びとした、緊張がほぐれたものになりますね。

特に、年間を通して気温が低い札幌では、冬には雪が降り積もり、寒さが厳しく、平均気温が氷点下になる日が続きますが、季節によって気温差が大きく、四季がはっきりしているため、四季折々の良さを取り入れた素敵なフォトウェディングを楽しむことができるでしょう。

また、旅行の思い出をプロカメラマンの写真で残せるというのも魅力のひとつ。旅先で感じた気持ちや出会った風景、ふたりで話したことや食べたものなどを、プロの手によってひとつの作品にしてもらえるわけですから、これは特別な旅行の記録となるでしょう。後で見返して、美しい風景や美味しかったレストラン、ちょっとしたアクシデントまで、思い出が鮮明に蘇ってくるようなフォトウェディングは、旅フォトウェディングならではです。

近年、新婚旅行を兼ねたロケーションフォトウェディングを活用する新郎新婦が増加しいることを受けて、新婚旅行のプランには、オプションとしてフォトウェディングがついていることも少なくありません。その場合、新婚旅行とフォトウェディングをバラバラに行う場合よりも、プラン料金の中で行うことができる分、費用を抑えることもできます。

札幌フォトウェディング旅行を計画しよう!

せっかく札幌旅行とフォトウェディングを兼ねるなら、観光も撮影もどちらも楽しめる旅行の計画を立てたいですよね。一口に「札幌周辺エリア」と言っても、北海道はとても広いので、距離感が分からないと、無理な旅行計画を立ててしまいがちです。フォトウェディングにも観光にもおすすめのロケーションスポットを効率よく巡るため、移動手段や移動にかかる時間、それぞれの都市間の距離感や、定番の観光地などについてもきちんと知っておく必要があります。

また、ホテルや宿に宿泊するのであれば、そこからの移動距離についても調べておくといいでしょう。一泊にするのか、連泊にするのか、滞在期間によっても行ける場所は変わってきますので、「1日目は札幌市内で観光を、2日目はフォトウェディングで富良野まで足を延ばそう」というように、フォトウェディングと観光と、日にちを分けてみるのもいいですね。

参考までに、札幌からレンタカーを借りて一般国道を利用した場合の、各エリアへの移動距離と移動時間についてご紹介いたします。

札幌から道内各エリアへの移動距離と移動時間出典:https://www.visit-hokkaido.jp/
札幌から小樽まで
39 km(約70分)
札幌から千歳まで
39 km(約70分)
札幌から余市まで
59 km(約100分)
札幌から苫小牧まで
66 km(約110分)
札幌から倶知安まで
91 km(約130分)
札幌から富良野まで
114 km(約150分)
札幌から旭川まで
130 km(約190分)

大通公園、札幌市時計台を巡るフォトウェディング旅行

旅行にあまり時間をかけられないというカップルにおすすめなのが、札幌市内観光とフォトウェディングを少ない移動距離で満喫する旅です。札幌には観光地やフォトスポットがたくさんありますので、朝から夜まで充分楽しめると思います。ここでは、札幌市内の観光スポットを効率よく巡るコース例をご紹介いたします。

10:00頃
札幌周辺のフォトスタジオを出発
10:30~
大通公園・札幌市時計台周辺でフォトウェディング
13:30~
二条市場で昼食
15:30~
サッポロビール博物館を観光
18:00~
大倉山ジャンプ競技場の夜景
20:00~
札幌周辺ホテルへチェックイン

大通公園・札幌市時計台周辺でフォトウェディング

大通公園・札幌市時計台周辺でフォトウェディング
大通公園・札幌市時計台周辺でフォトウェディング出典:https://www.saihok.jp/hokkaido/spot/odori_park1/
http://www.sapporo.travel/find/culture/clock_tower/

地下鉄大通駅から徒歩5分という札幌の中心地にあり、街のシンボル的な存在でもある札幌市時計台は、国の重要文化財で、原型のまま作動している塔時計としては日本最古の時計台です。また、周辺にはジンギスカンや海鮮料理など北海道のご当地グルメが楽しめるレストランが軒を連ねる大通公園もあり、どちらもフォトウェディングスポットとしてとても人気が高い場所になります。まずはこちらでロケーションフォトウェディングを楽しむのがいかがでしょうか。楽しい旅の始まりになりそうですね。

二条市場で昼食

二条市場で昼食
二条市場で昼食出典:https://www.donburi.jp/shop/nijo/
https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_2342/

明治時代から続く札幌の名物市場である二条市場は、北海道土産を求める多くの観光客で賑わっています。海鮮丼や炉端焼きが楽しめる店も多く、人気のグルメスポットにもなっているので、お昼はこちらでご当地グルメを味わってみるのもいいですね。

サッポロビール博物館を観光

サッポロビール博物館を観光
サッポロビール博物館を観光出典:https://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000188.aspx
https://r.gnavi.co.jp/h019100/

二条市場からほど近いサッポロビール博物館は、日本で唯一のビール博物館であり、明治時代の貴重な建造物として北海道遺産に指定されています。ビール工場を見学することもできますし、併設されているサッポロビール園では、明治の面影を残すレンガ造りの建物で、生ビールとジンギスカンを楽しむこともできます。

大倉山ジャンプ競技場の夜景

大倉山ジャンプ競技場の夜景
大倉山ジャンプ競技場の夜景出典:http://okura.sapporo-dc.co.jp/index.html

大倉山ジャンプ競技場は、サッポロビール博物館から車で30分ほどの場所にある、スキージャンプの競技場です。競技がない日は標高307mのスタート地点の展望台から、札幌の街や石狩平野の大パノラマを一望することができます。楽しかった一日の締めくくりに、夜景を眺めるのもいいですね。

小樽運河周辺、白い恋人パークを巡るフォトウェディング旅行

時間が許すのであれば、小樽の方まで足を延ばして、広大な自然に触れる旅もいいですね。札幌周辺を拠点とし、小樽方面の観光スポットを効率よく巡るコース例をご紹介いたします。

10:00頃
札幌周辺のフォトスタジオを出発
11:00~
白い恋人パークでフォトウェディング
15:30~
小樽運河・北一硝子など、小樽運河周辺を観光
18:00~
もいわ山ロープウェイで展望台の夜景
20:00~
札幌周辺ホテルへチェックイン

白い恋人パークでフォトウェディング

白い恋人パークでフォトウェディング
白い恋人パークでフォトウェディング出典:https://hokkaido.press/sapocan/nishi-area/shiroikoibito-park/

札幌から車を1時間ほど走らせたところにある白い恋人パークは、言わずと知れた北海道の名観光地。ガーテン内にある洋風の建物やオブジェは雰囲気たっぷりで、フォトウェディングスポットとしても人気が高く、特にシーズンになると種類豊富なバラが見頃になる「ローズガーデン」は、白い恋人パークをロケーションスポットに選ぶならぜひ取り入れて欲しいと思います。

小樽運河・北一硝子など、小樽運河周辺

小樽運河・北一硝子など、小樽運河周辺
小樽運河・北一硝子など、小樽運河周辺出典:https://www.mapple.net/article/40649/

小樽まで行くのであれば、ぜひとも寄っておきたいのが「北一硝子」。小樽土産の定番でもあるガラス製品の製造販売会社としてもっとも人気の高い老舗です。明治時代の木造石張倉庫を再利用した店舗は、石油ランプが灯された幻想的な空間が特徴的です。ガラス彫刻の体験などもできるので、ぜひ観光してみてはいかがでしょうか。

もいわ山ロープウェイで展望台へ

もいわ山ロープウェイで展望台の夜景
もいわ山ロープウェイで展望台の夜景出典:https://www.sapporo.travel/find/nature-and-parks/mount_moiwayama/

小樽運河周辺から車で1時間ほどのところにある「もいわ山」は、ロープウェイとケーブルカーを乗り継ぎ、15分ほどで山頂へ到達することができます。夜には「日本新三大夜景」にも選ばれた宝石を散りばめたような夜景を楽しむことができるため、ぜひ訪れて欲しいスポットのひとつです。

ファーム富田、ふらのワイン工場を巡るフォトウェディング旅行

早起きして札幌から富良野・美瑛方面に足を延ばすなら、北海道ならではのダイナミックな田園風景に出会える特別な旅を計画しましょう。ここでは、札幌周辺を拠点とし、富良野方面の観光スポットを効率よく巡るコース例をご紹介いたします。

9:00頃
札幌周辺のフォトスタジオを出発
10:30~
ファーム富田でフォトウェディング
14:30~
ゆにガーデンで休憩
16:30~
ふらのワイン工場を観光
20:00~
札幌周辺ホテルへチェックイン

ファーム富田でフォトウェディング

ファーム富田でフォトウェディング
ファーム富田でフォトウェディング出典:https://www.farm-tomita.co.jp/farm/labo.asp?id=2

北海道のフォトウェディングスポットと言えばここ!と言われるほど有名なファーム富田のラベンダー畑は、富良野方面にフォトウェディング旅行をするなら絶対に外せないフォトスポットです。ラベンダー以外にも、ポピー、芝桜、チューリップ、アジサイ、マリーゴールドなど、季節ごとに違った花々を楽しむことができるので、季節を選ばないのも嬉しいですね。

ゆにガーデンで休憩

ゆにガーデンで休憩
ゆにガーデンで休憩出典:http://yuni-garden.seesaa.net/article/389429758.html

札幌から南へ車で約1時間の場所にある、英国風の田園風景が広がるゆにガーデンは、種類豊富なハーブの香りを楽しみながら園内を巡ることができ、お土産にもちょうどいいハーブのクッキーやオリジナルブレンドのハーブティーなどが揃うショップや、地元の野菜をふんだんに使ったビュッフェが楽しめるレストランなどが併設されているテーマガーデン。青々とした芝生の上は柔らかく、歩くのが気持ち良いと評判です。

ふらのワイン工場を観光

ふらのワイン工場を観光
ふらのワイン工場を観光出典:https://tomavel.com/

ゆにガーデンからさらに車で1時間ほどのところにある「ふらのワイン工場」では、富良野産のぶどうを100%使用した、全国でも有名な地ワイン「ふらのワイン」が製造されています。製造工程や熟成庫の見学ができて、ワインの試食までできるという、ワイン好きにはたまらない観光スポットですね。ワインの販売店もあるので、気に入ったワインはお土産に購入することもできます。家に帰ってもふらのワインが楽しめるなんて贅沢ですね。

あわせてご覧ください 札幌でおすすめのフォトウェディングスタジオは?

このページの関連記事一覧

ページのトップへ

おすすめのスタジオ「写真工房ぱれっと 札幌中央店」

close